お父さんの誕生日パーティー 妻と娘の奮闘記

今日は主人の誕生日、私と娘は昨日からお誕生日会の打ち合わせをしていました。
二人で100円ショップで、誕生日会の装飾やクラッカー、メッセージカード、オードブル皿、紙コップ等、色々買い込んでパーティー準備にワクワクしていました。

今日偶然に仕事がお休みになってしまった主人には、用意ができるまで居てもらっては困ります。
まだ6歳の娘に、

準備ができるまでどこかに出かけて来て

と言われた主人。

もっぱらのインドア派の主人は、妻と娘から追い出され、仕方なく車でどこかへ出かけて行きました。

さあ、私と娘は準備に取りかかります。
部屋を飾り付け、誕生日プレゼントの「歌舞伎揚げ」をキレイにラッピングし、メッセージカードを添えます。

次はお料理です。
娘にはケーキを担当してもらいます。
ケーキのスポンジを買ってきて、生クリームを塗ったりデコレーションなどを娘にやってもらいます。
飾るフルーツは缶詰、ケーキ屋さんに頼んでいた誕生日のお名前プレートを飾って完成です。
同時進行で私が作っていた料理は、娘がオードブル皿にキレイに盛り付けていきます。
娘のお弁当に使う可愛いピックを差したり、ミニトマトやブロッコリーで彩りよく飾り付けたら、次はテーブルのセッティングです。
紙コップやお皿、紙ナプキン、割り箸などをきれいに並べていき、どんどんパーティーっぽくなってきます。
しかし、この辺りからお互い確認事項で慌ただしくなってきます。

いま何時?あと何分?
まだ大丈夫!
ビール忘れてた!
冷やしてあるよ!
ケーキのローソクは?
どこに置いたっけ?
プレゼントどこに隠す?
もう隠さなくていい!
クラッカーはいつ鳴らす?
もういつでもいい!

いよいよ主人が帰って来る時間です。
二人はバタバタと大慌てです。料理に使った洗い物は全部済ませ、準備中に出たゴミなどもキレイに片付けて準備完了です。

なんとか形になったかと思った時に主人の車が帰ってきました。
娘は急に慌てて、クラッカーを探します。
最初じゃなくていいよという私の言葉も聞かずにテンパってます。

主人が家のドアの鍵を開けると同時にクラッカーを見つけた娘。

ただいま

の「た」と同時に思わず パーーーン!!

三人で顔を合わせ大爆笑でした。

ちなみに、パーティー準備の段階で洗い物まですべて片付けを終わらせる理由があります。
せっかくオードブル皿からコップも箸も使い捨てにしてあるのに、調理に使った鍋などが残っていたら、最後に洗い物が待っていることになります。パーティー後の片付けは、使ったものすべて捨てて終了にするためです。
パーティー好きの私が、パーティーを全力で楽しむための知恵です。引用:ナイトアイボーテ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です